女性にも薄毛はあります

薄毛に悩んでいるのは男性だけではありません。

女性でも薄毛で悩んでいる人は増えてきています。

ただ、男性のように髪が抜けてハゲてしまうようなことはなく、全体的に薄くなって、地肌が見えるような感じの薄毛になります。

女性も加齢とともに髪が痩せて薄くなってきますが、若い女性でも無理なダイエットやストレス、ホルモンバランスの崩れなどで薄毛になることがあります。

また、女性が薄毛になる原因は他にもあり、ヘアカラーやパーマも髪や頭皮にはストレスになるのです。

女性は男性に比べて頻繁にヘアカラーやパーマをする傾向にありますからこれが原因で抜け毛が増え、薄毛になることがあるようです。

それと、髪をきれいにしたいからと、スタイリング剤を多用する人がいますが、これもあまり良くありません。

スタイリング剤が頭皮に付いて、それがシャンプーできちんと洗い流せないと、汚れが毛穴に残り、毛穴詰まりを起こすのです。

頭皮や毛髪にダメージを与えると、髪が元気に成長しなくなります。

ヘアサイクルが乱れてしまい、健康な髪が生えなくなるのです。

無理なダイエットや不規則な生活をしない、ヘアカラーやパーマは2カ月以上間隔を開ける、頭皮の汚れはきれいに落とす、などに気をつけるようにして、頭皮や毛髪の健康を保つようにしたいものです。

若い時から抜け毛や薄毛で悩むことがないように、日々の生活に注意していきたいものです。

髪は女性の命とも言えますから、体の健康も大切ですが髪のことも大切にしたいですね。